関ブロ青年協とは?

全国47 都道府県には1つずつ建築士会があり、関東甲信越(東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木、茨城、山梨、長野、新潟)で1つのブロック会を形成しています。このうち各都県の青年代表が集まり青年建築士協議会を形成(関ブロ青年協)しています。神奈川士会からも2 名の理事を輩出しています。

関ブロ大会とは?

関ブロ青年協では毎年、各都県で持ち回り方式により、大会を開催(関ブロ大会)しています。青年建築士たちが未来を想像し、建築士の役割を考えており、毎年、500~600 名の参加があります。