エクスカーション「受け継がれる歴史・自然と建築を肌で感じる」

 開催趣旨

本大会を開催する神奈川県箱根町は東海道五十三次の宿場町として、また、箱根温泉は奈良時代に開湯したとされる深い歴史をもち、箱根町やその周辺には私たちが受け継ぐべき文化が根付いています。本大会では、この受け継がれてきた文化を歩いて体感し、これからの時代を担う青年建築士が、この先、何を継いでいくべきかを考える、そんなヒントとなる3コースをご用意いたしました。

エクスカーションAコース

箱根の歴史を支えてきた『富士屋ホテル、菊華荘、宮ノ下』 

1398年(応永5年)開湯した古い歴史を持つ「宮ノ下温泉」。その中心に位置する富士屋ホテルは明治11年創業したクラシックリゾートホテルです。
時代とともに受け継がれる思いを、自然や風情を味わいながら、宮ノ下の道を歩き、歴史的背景を感じられる建物の味わいと重厚感、趣のある客室を見学ののち、箱根の歴史と建造物のミニ講義を受けた後、明治天皇の内親王富美宮内親王の避暑地の為に建築された「菊華荘」で懐石料理を楽しみながら、私たちが何を継ぐかを考えるコースです。

  (集合)             
湯本富士屋ホテル … 箱根湯本駅(箱根登山鉄道) + 宮ノ下駅 … 宮ノ下散策(1) …
  08:30       08:40~09:16        9:16~10:00

 (施設見学・講演)    (庭園散策・昼食)          (解散)
… 宮ノ下・富士屋ホテル …   菊華荘    … 宮ノ下散策(2) … 宮ノ下駅
   10:00~11:45   11:45~13:00   13:00~14:00  14:00

+鉄道 …徒歩
(講演 10:40~11:30)
「(仮称)箱根の歴史と建造物」 箱根町立郷土資料館 鈴木館長

募集数:40人(申し込み多数の場合は抽選)とさせていただきます。

6,000円/人
※菊花荘での食事の際、ソフトドリンク、アルコール類は個人精算とさせていただきます。
※お荷物は会場の湯本富士屋ホテル、または箱根キャリーサービス(別途個人支払)をご利用ください。