エクスカーション「受け継がれる歴史・自然と建築を肌で感じる」

 開催趣旨

本大会を開催する神奈川県箱根町は東海道五十三次の宿場町として、また、箱根温泉は奈良時代に開湯したとされる深い歴史をもち、箱根町やその周辺には私たちが受け継ぐべき文化が根付いています。本大会では、この受け継がれてきた文化を歩いて体感し、これからの時代を担う青年建築士が、この先、何を継いでいくべきかを考える、そんなヒントとなる3コースをご用意いたしました。

エクスカーションBコース

自然(火山)の中で3000年の歴史を考える『元箱根・大涌谷・強羅』

今から約3000年前の爆発によってできた神山火口の爆裂跡“大涌谷”は、荒涼とした大地に白煙が立ち込め、江戸時代までは“地獄谷”と呼ばれ、火山活動と共に歩んできました。箱根神社、元箱根など、箱根の歴史を歩きつつ、大涌谷の迫力をロープウェイ、ケーブルカーを乗り継ぎながら、火山活動と温泉のメカニズム、また、箱根の現状を神奈川県温泉地学研究所・研究員の解説とともに歩きます。
最後は強羅で現在大人気を博している“田むら銀かつ亭”でヘルシーな「豆腐かつ煮定食」を味わう、箱根を学び・感じ・味わえる盛りだくさんなコースです。

  (出発)  
湯本富士屋ホテル =   杉並木   =   箱根神社
   08:30      09:00~09:15    09:20~09:50       
  (見学会・講演会)                (自由見学)
= 環境省・箱根ビジターセンター … 桃源台 ~ 大涌谷 … ジオミュージアム
     10:10~11:10     11:20   11:40   11:45~12:10
              
~    早雲山    +  強羅
   12:32発(12:55発)

(Aグループ)
                           (解散)
強羅 …   昼食   … 箱根強羅公園散策 … 強羅駅
   12:45~13:25   13:30~14:00   14:10

(Bグループ)
                             (解散)
強羅 … 箱根強羅公園散策 …   昼食   …  強羅駅
       12:50~13:20   13:30~14:05   14:10

= バス ~ロープウェイ +ケーブルカー …徒歩 

環境省・箱根ビジターセンターでの詳細
10:10~10:20 施設見学(火山活動と歩んできた自然環境を見てとれる施設です)
10:20~11:10 講演:火山活動と温泉/箱根の現状について
(講師:神奈川県温泉地学研究所 萬年研究員)(講演 10:20~11:10)

募集数:40人申し込み多数の場合は抽選)とさせていただきます。

6,000円/人

※田むら銀かつ亭でのソフトドリンク、アルコール類は個人精算とさせていただきます。

※お荷物は会場の湯本富士屋ホテル、または箱根キャリーサービス(別途個人支払)をご利用ください。右サイドメニューにある『箱根登山バス』のHPリンクから、そちらのHP内にてご紹介しています。
※大涌谷は火山性ガスが噴出しており、気管支や肺に持病のある方は参加をご遠慮ください。⇒ 箱根ロープ―ウェイのHP(http://www.hakoneropeway.co.jp/sp.cgi)より、『火山ガスの影響を受けやすい方(喘息、気管支炎、呼吸器疾患、心臓疾患、心臓ペースメーカー装着の方等)の大涌谷園地へ立ち入りは出来ない旨や、高感受性の方の乗車取止めのご検討等の記載があります。各自ご確認の上、ご参加下さい。