Top

町と家の「あいだ」を考える

現在、快適性の指標においては、おもに定量的指標としてさまざまなものがあります。また、五感や心理(感情)などの定性的な面も含めて、人が心地よいと「感」じる「境」があると考えられます。

そして居心地の良さを考えるとき、良いと感じるその「境」は、家の内だけではなく、広くいえば町と家の「あいだ(間)」までいろいろな場面にあると考えられます。 そこで神奈川県内の既成市街地において、心地よく感じられる住宅の内と外の関係を考えた住宅作品やアイディアを募集します。

 

●審査委員


審査委員長 伊礼 智  建築家・伊礼智設計室
審査委員  関本 竜太 建築家・リオタデザイン
甲斐 徹郎 株式会社チームネット
吉田 貞夫 (一財)神奈川県建築安全協会理事長
金子 修司 (一社)神奈川県建築士会会長

●募集内容


応募資格 個人、グループ、国籍、年齢は問いません

応募条件 神奈川県内敷地を対象として以下部門の提案を募集します
提案部門 および 実作品部門
※新築/リノベーションいずれも可

【提出内容】
用  紙:A3用紙横3枚以内にまとめる。
提出書類:作品データ(PDF)(メールまたはCD-R等郵送)

【費用】
無償にて応募して頂きます。

【注意事項】
◆他コンペ等未応募のオリジナル作品に限ります。
◆応募作品データの返却はしません。
◆応募作品の一部、あるいは全部が、他者の著作権を侵害する
ものであってはなりません。
◆審査結果については一切の異議、疑義は出来ません。
◆応募要項に逸脱した作品については、失格となりますので、
ご注意ください。
◆著作権は応募者、使用権は主催者に帰属します。
・提出内容の著作権は、応募者に帰属します。
・主催者は、本提案競技の趣旨の範囲内で、著作権者名を明示した
うえで、提出内容を活用・公表できるものとします。
・全ての提出内容の著作権等の知的所有権の全て又は一部は、
主催者等により今後の調査、提案等に使用することがあります。
ただし、使用にあたっては著作権者の許可なく使用できる
ものとします。

●表彰


【最優秀賞】1点
・賞金 20万円
【提案部門】
・優秀賞 賞金 5万円
・審査委員特別賞
【実作品部門】
・優秀賞 賞金 5万円
・審査委員特別賞

●募集期間等


募集期間:2019年9月1日(日)〜2019年10月31日(木)必着
質問期間:2019年8月5日(月)〜2019年  9月6日(金)(最終日午後4時迄)
質問は所定の書式のみ受付 質問書式ダウンロードページ
公開最終審査会:2019年12月14日(土)午後

コンペへの参加は下記よりご登録ください
コンペ参加申し込み(コンペ要項公開時より申し込み可能)

作品提出先は下記をご覧ください
(注:作品提出には事前の参加申し込みが必要です)

〒231-0011
神奈川県横浜市中区太田町2丁目22神奈川県建設会館 5階
(一社)神奈川県建築士会
TEL:045-201-1284
(2019年9月1日(日)~2019年10月31日(木)必着)

インフォーメーション

公式サイト公開しました。
感境コンペ2019に関する様々な情報やお知らせは本ホームページにて配信します。お問い合わせや応募についてもこちらをご覧ください。

コンペに関する情報やメディア掲載などをブログで随時配信していますのでこちらもご覧ください。
ブログページ

ご興味のある方は是非ご覧いただき、多くの方のエントリーをお待ちしております。

キックオフイベント

公開シンポジウム開催のおしらせ

現在、快適性の指標においては、おもに定量的指標としてさまざまなものがあります。また、五感や心理(感情)などの定性的な面も含めて、人が心地よいと「感」じる「境」があると考えられます。 そして居心地の良さを考えるとき、良いと感じるその「境」は、家の内だけではなく、広くいえば町と家の「あいだ(間)」までいろいろな場面にあると考えられます。 そこで、人が心地よいと「感」じる「境」についてをテーマとしたシンポジウムを開催します。

●開催情報


日時:2019年8月31日(土) 14:00~16:30(13:30受付開始)
会費:無料
会場:波止場会館4階ホール(横浜市中区海岸通1-1)
対象:建築士会会員 一般 学生

●パネラー


伊礼 智  建築家・伊礼智設計室
関本 竜太 建築家・リオタデザイン
甲斐 徹郎 株式会社チームネッ ト
コーディネーター 寺本 勉(主催事務局)

●お申し込み等


シンポジウムお申し込みフォームよりご登録ください

シンポジウムお申し込みフォーム

ブログ

お問い合わせ

本コンペに関するお問合せはこちらのフォームをご利用ください。
なお、こちらのお問合せは事務的な内容に限ります。
コンペ要綱に関する質疑は別途ご案内しますのでそちらをご確認ください。